生まれ変わった! 藤岡健一厩舎の出走馬展望、回顧 入退厩のお知らせ等を更新していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

中央競馬―3/27日 高松宮記念・毎日杯


日本の皐月賞、有馬記念を制したヴィクトワールピサがドバイワールドカップを勝利!
2着にも日本馬、トランセンドが入り日本馬のワンツーという記憶にも歴史にも残るレースになりました。
日本の代表として期待されていたブエナビスタは位置も後方で上手く捌けずに敗退してしまいました…。

こうして記事として更新しようとしている事に未だに違和感感じてしまいますが
日本馬がようやく手に入れた世界一の座、リアルタイムで見れて本当に幸せでした。


そして昨日のメインレースだった皐月賞トライアル、スプリングステークスを軽く振り返ります
本命にしたグランプリボスはパドックで鞍上が乗ると徐々にテンションが上り
レースでは好スタートを切りましたが、結果仕掛けどころまで引っ掛かりっぱなしという競馬に。
懸念してた折り合いへの不安が出てしまいましたが、この馬の強さを改めて感じる内容でもありました。

勝ち馬オルフェーヴルは最後の直線で悪癖見せてしまいますが
自ら勝ちに行っての勝利、価値は高いでしょう。
皐月賞が中山開催だったらこの馬を本番でももっと評価したかったところです。

2着馬はベルシャザール
さすがにオルフェーヴルとの脚比べでは劣ってしまいましたがこの馬も力は示しました
本番は自分から動く競馬で真っ向勝負を挑んでくれればチャンスは大きいと思ってます。

3着はステラロッサ
毎日杯で注目を集めるトーセンレーヴが勝利した500万の2着でもある事から注目されていました
個人的には想像以上に走る馬だなぁと感じたと同時に、トーセンレーヴの取り捨てについて悩む要因にも…。

結果サンデーR→社台RH→社台RHという結果に。
本番でどこまで権利取った馬がやれるのか注目したい所です。

さて本題に入りたいと思います。

今年初めてのJRA芝G1、今年は阪神で開催される高松宮記念を中心に印を書かせてもらいます。

高松宮記念
◎4.キンシャサノキセキ
○13.ダッシャーゴーゴー
▲1.レッドスパーダ
△5.ジョーカプチーノ
△6.アーバニティ
△14.エーシンフォワード
△15.ワンカラット

キンシャサノキセキの連覇を期待しました
なんだかんだで前走も一番強い競馬をして2着まで追い上げた辺りやはり力は上でしょう
エンジンの掛かりが早くはないのでどれだけスムーズに運べるかがカギにはなりそうですが
そこはリスポリ騎手に任せるしかありません、単純に実力評価して本命にさせてもらいます。

ダッシャーゴーゴーは直前の坂路の追切を見て評価を押し上げた形です
好位から堅実な脚を使う馬なのは間違いないので対抗へ。ただそこまで自信はないです。

レッドスパーダは枠を重視して▲へ、普通に先行してシレッと残る姿を想像しました。

注目を集めているジョーカプチーノは良くも悪くも極端な競馬しか出来ません
前走時は発馬のミスもありましたし、勝ちっぷりは評価しますがこの一戦は様子見をしたい所です。

他は斤量差あっても前走ジョーカプチーノと同じ上がりを使って追い込んだアーバニティ
マイルCSの覇者で香港でも好走したエーシンフォワード
叩いての良化を期待してワンカラットの食い込みに期待する形です。

馬券はいつものように単勝狙った上で連系で流してみようかなと思っています。


毎日杯
◎9.エチゴイチエ
○14.トーセンレーヴ
▲8.カグニザント
△2.アルティシムス
△3.コティリオン
△5.スマートロビン
△11.デスペラード

ここは基本深い理由はなく、新興勢力に期待という意味での印付け
エチゴイチエの新馬は2着以下低レベルという一戦も
一頭だけ次元の違うレースをして見せたのは間違いないところ
キャリア2戦目で遠征、そして重賞というのは楽な条件ではないけども
期待するだけの器にはあると見て注目したい所です。

対抗は期待の良血馬トーセンレーヴ
初戦の時点では半信半疑だったけども、2戦目の内容が良かった事もあり評価
2着馬ステラロッサもスプリングSで好走しておりこの馬も堅実に走ってはきそう
ただ若い面あるのは間違いないのでそれを鞍上がどう操るかも注目したい所。

単穴は初戦圧勝したカグニザント
これもレースレベル的な所を評価したのではなく馬単体の素質評価
直前追切は良い雰囲気だったみたいですし、素質は通用してくるはず。

注目を集める騙馬レッドデイヴィスですが、どうも攻め馬の雰囲気が本物ではないので軽視
前走の競馬は当然評価しますが、一ハロン延長も良い方向には向かないと判断。
新興勢力が勝ち切る事に期待したいのでここは印を外しました。

馬券は(ry

基本本命馬の単勝押さえるスタイルなのは覚えていただきたい所です
自信のある平場戦を予想として出す時は買い目をつけて出したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

2011-03-27 : 予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

時計

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。