生まれ変わった! 藤岡健一厩舎の出走馬展望、回顧 入退厩のお知らせ等を更新していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

中央競馬―3/5 東西重賞 オーシャンS チューリップ賞


東西重賞の予想記事、少し早めに更新したいと思います。

まずは桜花賞トライアルのチューリップ賞から。
◎8.レーヴディソール
○2.タガノラヴキセキ
▲4.フジチャン
△1.ケイティーズジェム5.メデタシ10.ライステラス

レーヴディソールについては今さら語ることはないでしょう
G1勝利となった阪神JFも目一杯の競馬をしたわけではありません
強力な相手が揃ったわけでもなくここは勝ち有力。

対抗はタガノラヴキセキ
この馬は前走の時もこのブログで取り上げました
◎馬を除く相手は本当に低調な組み合わせ、決め手あるこの馬は権利有力でしょう。

▲評価はフジチャン
レース見た印象で走りっぷりがよくソコソコならというイメージで見ています
着順よりは中身を取ってここまで評価を押し上げた形
攻め馬も良いみたいですし、穴では面白い存在なのではないでしょうか。

レーヴディソールの勝ちっぷりを見るレースだと思います
無理はさせないでしょうから、どれだけ「楽」に勝てるかでしょうね。
馬券的には2・3着の争いを楽しみたいです。

3連単フォーメーション
8→2.4→1.2.4.5.10 8点

そして高松宮記念のステップレースに位置付けられているオーシャンステークス
◎10.キンシャサノキセキ
○15.ジェイケイセラヴィ
▲9.レッドスパーダ
☆3.セイコーライコウ
△5.ダッシャーゴーゴー16.ケイアイアストン

本命のキンシャサノキセキは衰えを一切感じませんし
メンバーを見渡した感じ素直にここからというのが得策に感じました
引き続き外国人騎手ですし、上手に乗ってくるでしょうから
普通に競馬をされたらこの馬が一番勝ちに近いと判断しました。

対抗はジェイケイセラヴィ
そこそこ走れるキャラが立っていて、大崩れしない所を評価
前で立ちまわる競馬も出来るというのも評価する材料です。

▲評価はレッドスパーダ
先行馬として完全に固まっているので形さえ作れれば後は残ってくるはず
ただ勝ち切るというイメージは湧かないところもあり対抗ではなくこの評価
激流になる気配もないので更に1ハロンの短縮も問題ないでしょう。


レーヴディソールほど自信の◎というわけにはいきませんが
順当に来るだろうという判断の元キンシャサノキセキを本命に。
高齢ではありますが、得意条件では崩れる所を見せず本当に安定
決め手も持っているので大きい不利なない限りは大丈夫だと思います。
相手以下は正直絞りにくい印象、若干手を広げることで対処したいです。

3連単フォーメーション
10→3.9.15→3.5.9.15.16
馬連
10→3.5.9.15.16 合計17点

一応ある程度まとめてありますので平場戦などの予想は更新できたらしようと思います
ちょっとアイマスが忙し(ry
スポンサーサイト
2011-03-04 : 予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

時計

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。