生まれ変わった! 藤岡健一厩舎の出走馬展望、回顧 入退厩のお知らせ等を更新していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

中央競馬―京都記念・共同通信杯

京都記念 芝2200㍍
◎2.トゥザグローリー
○5.メイショウベルーガ
▲3.ビッグウィーク
☆12.ヒルノダムール
△4.ダノンシャンティ
△11.プロヴィナージュ

本命はトゥザグローリー、中日新聞杯、有馬記念と好内容のレースを続けており
斤量的にもG1勝利馬から2㌔軽い56㌔で挑めるっていうのも好材料。
極端なキレ味勝負ではなく、4~5ハロンの競馬になれば後続は封じ込める。

対抗は京都適性を考えてメイショウベルーガ、とりあえず押さえておかなければならない。
本質は中距離馬に思えるビッグウィークが単穴評価、中間に疑問も力を評価。

勝負が決まってから突っ込んでくるヒルノダムールは惑星評価まで
どちらかといえば一瞬の脚を活かしたいはずなので外回りなら溜めてどこまでか。
△にはダノンシャンティ、当日の落ち着きがカギになる。
先行しての粘り込みという意味でプロヴィナージュにも注意したい。

トゥザグローリー、最低でも連は外さないと見て自信の本命。

3連単フォーメーション
2→3.5.12→3.4.5.11.12 
3.5→2→3.4.5.11.12 合計20点

共同通信杯 芝1800㍍
◎12.ベルシャザール
○2.ナカヤマナイト
▲6.ユニバーサルバンク
☆11.ダノンバラード
△13.ディープサウンド
△8.ニジブルーム

本命はベルシャザール、ホープフルステークスがハイレベル戦だったというのと
それを自分から動いて勝ちに行った内容はかなり評価したい。
東京1800㍍という条件なのでキレ勝負になった際に少し劣るかもしれないが
今の馬場状態なら極端な速い上がりにならないはずなので、ここで期待する。

対抗は同じくホープフルステークス組のナカヤマナイト
あの時はベルシャザールより1㌔重い斤量を背負いタイム差なし
自分から動ける強みもあり、ここでも期待したい所。

▲にはキレはないものの、東京が向きそうなユニバーサルバンク
2走前は度外視可能、他のレースだけ見てしまえば堅実でここでも崩れる姿は浮かばない。

惑星評価はダノンバラード
前走は道中、そして直線の捌きと完璧に行ったけども着差以上の余裕を感じる内容だった。
○▲とは差のない△1番手評価。
2番手はディープサウンド
前走はリズムに乗れず惨敗との事だけど正確な理由はわからず未知な負け
だからこそ今回は見限らずにもう一回注目したい。
3番手はニジブルーム
毎回毎回人気しないキャラクターだけども、それなりの走りを出来るタイプ
相手なりなのでここでも展開さえ向けば多少やれてもいいんじゃないかと判断。

サトノオーは切りの判断
前走は大きい不利があったにせよ、正直案外な所があった。
単純に上位の馬の方が強いと判断し無印にしました。

3連単フォーメーション
12→2.6.11→2.6.8.11.13
2.6.11→12→2.6.8.11.13 合計24点


スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

2011-02-13 : 予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

時計

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。