生まれ変わった! 藤岡健一厩舎の出走馬展望、回顧 入退厩のお知らせ等を更新していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

南関競馬―如月特別B1B2 選抜馬

如月特別

◎4.ダンツクリスエス
○2.タカラタロウ
▲9.テンダン
△11.クリムゾンクエスト
△5.ワイルドキャット
△1.バンブージーコ

本命はダンツクリスエス
逃げ一辺倒なのかなと思ってたんだけども意外に融通が効いて
差す競馬も出来るようになってきた。
今回は浦和1600メートルの内目の枠、番手に出せるだろうし正攻法で競馬出来そう。
基本バテないタイプなはずなので流れにさえ乗れてしまえばという感じ。

対抗はタカラタロウ
前走は着順だけ見ちゃえば転入緒戦を7着で微妙に足りない水準かなと判断してしまうけども
相手が強い組み合わせで、直線入口では一旦突き放すシーンもあった。
最後は距離の分かバテて止まったけども、距離短縮とこの枠を利せれば上位は可能。

単穴評価はテンダン
個人的には100メートル長いんじゃないかなぁと思っているけども
まあこの程度なら全然問題なくこなしそう、詰めが甘いので3番手評価も面白い存在。

△1番手クリムゾンクエスト
追ってから伸びるタイプじゃないだけに、道中は少しごまかしたいはずなので大外は良くない
ただ力上位+決め手ある馬おらずそのまま流れこんで食い込むシーンも考えておきたい。
△2番手ワイルドキャット
元がポカあるタイプなので軸として信頼はおけないけども気分良く走ってしまえば…という感じ
今回はクリスチャン・デムーロに乗り替わり、スンナリと先行出来れば面白い。
△3番手バンブージーコ
これは前が崩れた時の穴馬として押さえておいた形。
最近は一時期のスランプを脱して末伸ばせるようになってるし展開一つ。

基本内枠を重視する条件なので印の付け方もそれを意識してのもの
個人的な評価としては押さえる馬と切る馬の評価は分かれるも
押さえる馬の中で非常に悩んだレース、そこまで自信はないも‘如月特別’ということで。
スポンサーサイト

テーマ : 南関東公営競馬予想
ジャンル : ギャンブル

2011-02-08 : 予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

時計

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。