生まれ変わった! 藤岡健一厩舎の出走馬展望、回顧 入退厩のお知らせ等を更新していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

重賞回顧―平安ステークス

平安ステークス

事前の印は記事の通り
◎3ダイシンオレンジ
○15インバルコ
▲6ドリームライナー
△1マチカネニホンバレ
△14サクラロミオ
△10ナニハトモアレ

結果
◎3ダイシンオレンジ
○15インバルコ
△14サクラロミオ

にて決まり的中という感じになりました
トーホウオルビスの逃げからダイシンオレンジの抜け出し
そしてインバルコとサクラロミオが外から差してくるのも一応読み通り。
ただレース終わってみるとドリームライナーに付けた印の余計さに頭をとられました。

レースを振り返るとボクノタイヨウが大きく出負け、ナニハトモアレも出が平凡。
ポジション争いは比較的スンナリ、トーホウオルビスがハナ、それにダイナミックグロウが続く形
その内目にダイシンオレンジ、マチカネニホンバレ、外にドリームライナー、ピイラニハイウェイで1角へ
2角を抜けて向こう正面に入る時には逃げから先行集団の隊列はピタっと決着。

ダイシンオレンジはこれ以上ない位置取りで前を見てその外にドリームライナー、ピイラニハイウェイ
それを半馬身見る形でマチカネニホンバレが続き、その後方外目を通ってインバルコも徐々に進出を開始
その内側にサクラロミオ以下が続き3角へ入っていくが、ここで手応えが悪くなる馬も多数で
差し馬を相手に狙っている自分にとっては悪くない展開でした。

直線入口では逃げているトーホウオルビスをダイシンオレンジが完全に捕まえて
外からピイラニハイウェイ、タガノクリスエスが徐々に進出。
ただこの時点でダイシンオレンジの上位はほぼ確定、一頭抜け出し独走態勢に入っていった
しかし残り200を通過した辺り、外からインバルコとサクラロミオが競りあって一気の追込
インバルコは一旦完全に抜けだしたダイシンオレンジをハナ差まで追い詰めてゴールイン
インバルコからクビ差でサクラロミオが続き、一日通して目立っていた外差しも目立った平安ステークスだった。

勝負の分かれ目はダイシンオレンジが1角~2角の間に取りに行ったポジション
あのポジションを取れたのは大きく、直線で楽に抜け出す理想の形も作れた。
最後詰め寄られたのは外差しの分と先行馬が伸び切れなかった分だろうと判断。
着差以上に強い内容で、今後もこの条件の元なら迷わず本命にしても良いくらいの力は示した。

2着のインバルコは重賞制覇まで後一歩も現状ではやはり注文が付く
今回はリスポリ騎手がしっかりと外目を早めに追い上げ直線でも併せる理想の形を作ってくれた
外枠だからといって狙ってた部分は大いにあっても毎回この競馬が出来るとは限らず
次走以降の取り捨ても枠、そして騎手、馬場状態から判断しなきゃならない。

3着のサクラロミオはこの舞台ならこれくらい走れていい馬。
展開も向いたし馬場も味方したモノだけども、上手に流れに乗って直線に入れたことも確か
平坦以外ではまだ信頼していないけどもその時その時で判断していきたい。

▲を付けたドリームライナーは流れには乗れるも早々と後退、見せ場すらありませんでした
去年のみやこSで一応通用するのは見せていると書きましたが
今回の内容からもオープンの域を脱する事はないのかもしれません。

△1番手のマチカネニホンバレはあの位置で流れに乗っての5着
ただ外伸び馬場であったことは間違いなく、道中そして直線も内を走っていたこの馬にとっては厳しい事も確か
ある程度力があるのは認めた上でもダイシンオレンジとの勝負付けは終わったと判断したい。
△3番手のナニハトモアレは少し出が悪かったにせよ今回も見せ場なし
走りだす時にはそれなりの見せ場、着順で入ってくる過去があるので見せ場作るまで狙うのは預けておきたい。

平安ステークスは以上です。何かあればブログのコメ欄かTwitterでの@で。

オマケ程度に印を出したAJCCも少し振り返ります。
◎3コスモファントム
○6トーセンジョーダン
▲4マルカボルト
☆2ネヴァブション
△11アサティスボーイ
印は以上の通り。

結果はトーセンジョーダンがミヤビランベリ以下をねじ伏せる強い内容
本命に推したコスモファントムは直線で目一杯の競馬が出来なかった所もあるけども完敗
2着3着は実績のある8歳馬勢。なんだかんだで古馬もまだまだ終わっちゃいないですね。

直線で一旦見せ場のあった4歳馬マルカボルトは今後も注目
脚質的にも手薄なG2.G3で穴を開けるシーンは容易に想像できます。
ネヴァブションが前半ポジション取れない辺り年齢もあるのかなと。
それでも終い伸びてくる辺りは地力の証明、日経賞辺りならまだ狙ってもいいはず。

AJCCは手短に以上です。

今週はソコソコ上手に行ったので今後も頑張ります。
スポンサーサイト
2011-01-23 : 回顧 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

時計

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。