生まれ変わった! 藤岡健一厩舎の出走馬展望、回顧 入退厩のお知らせ等を更新していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

藤岡健一厩舎 先週の結果

出走馬結果

惜しい競馬はありましたが勝ちを重ねるまでには至らず…。

今回勝たなきゃならない立場だったタマモクララは勝負どころで元同厩舎のツィンクルブーケに絡まれてしまい
少々苦しい展開になったところを捕らえられてしまい2着。
メンバー的にも恵まれていたところだっただけに勝ちたかったレースだったのですが…。

惜しい所といえばもう一つレッドグラサージュ
未勝利馬という立場でしたが想定を見て頭数が少ない事を確認し急遽出走しました
レースでは二番手に控える形で早め先頭で押切を測りましたが最後はモタれてしまいクビ差敗退
前日のオルフェーヴルの競馬を見ているようでしたが、癖馬に共通して言えるのは自分との戦いになることでしょうか。
このクラスでも通用するのはわかったので次へ向けて順調に行ってもらいたいところです。
(次は新潟競馬での出走を目標に調整していくそうです)

他は着順としてはあまり目立ちませんが
サンレガーロは強行軍ながらも上がりの速い競馬を大外から追い込み4着
内を通っていた馬が伸び粘っていた中でこの内容は評価できると思います。

ブレイズアトレイルも内側を立ち回り直線は一旦間を捌いて抜けだそうかというシーンまでありました
ただ上位とは決め手の差が出た感じ、条件は悪くなかったと思いますが今後は勝ち切れるかが課題になりそう。

アンビホールドゥンも着順としては悪かった、掲示板も外す8着
それでもレース内容はしっかりして直線も見せ場を作りました。左回りに対応が出来た事で選択肢も広がりました。

マコトヴィルッキオは残念ながら鞍上がやる気ナシ、この馬に限らず先週全体藤岡佑騎手はひどかったですね。
まるっきり差しが効かない馬場ではありませんが、それにしてもあのコース取りはなかったのではと思います
馬自体は伸びる気配を見せていたので案外中央場所でも早く上位争いに顔を出せるかもしれません。

回顧は以上です。
スポンサーサイト
2012-10-10 : 回顧 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

時計

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。