生まれ変わった! 藤岡健一厩舎の出走馬展望、回顧 入退厩のお知らせ等を更新していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

藤岡健一厩舎 先週の回顧+入退厩情報+特別登録

土曜日

福島4R 3歳未勝利ダ1700
レッドグラサージュ(藤岡康)8着
馬体はまだ余裕残しでクラブコメント通り前の出が若干硬いかなというパドック
レースでは出遅れもあり、ロスが多い競馬になり直線ではガス欠、残念な結果になってしまいました。
ここより短い距離のレースに出てくればとは思いますが、まずはゲートですね。

福島10R 花見山特別(4歳上500万下)ダ1700
ハルカフジ(藤岡康)1着
+10キロという馬体でしたが全く太くなく仕上りは良好でした。
そして相変わらずのレース巧者振りを発揮しローカルで勝ち切る為にはどうすればいいのか
というのを全て見せてくれた競馬に思えます。終いは上がり掛かる中でもよく踏ん張りました。

中山9R 野島崎特別(4歳上1000万牝限)芝1800
サンレガーロ(松岡)8着
中団後方からレースを運ぶも勝負どころからの反応も良くなく伸びがありませんでした
ほぼ流れこむだけでの8着という着順。もっとやれて良い馬だとは思いますが苦しい内容でした。

中山11R ニュージーランドT(G2)芝1600
バンザイ(松岡)
馬体は絞れ気配上々と言った感じで確実に上積みを感じる仕上りでした。
レースでも枠を利して積極的にハナへ…ただペースは速くお釣りがない形となってしまいました。
それでも直線半ばまでは見せ場を作ってましたし、先に向けては良い内容だったと思います
逃げという形で今後もレースを面白くして欲しいなと感じました。馬はまだ良くなるはず。

阪神7R 3歳500万芝1600
ヴァンガード(四位)5着
本来折り合い難しい馬がこの鞍上でピッタリと折り合いました。
正直これは見ててビックリ、距離もあったとは思いますが四位騎手にはお見事と言いたい所。
直線も良い脚で追い込んで掲示板、メドが立つ良い内容でした。

阪神11R 阪神牝馬S(G2)芝1400
エーシンハーバー(武豊)8着
フィリーズレビューの時と同じように中団に控える競馬。
ちょっと折り合いを欠くようなシーンを見せましたがコーナーまでには落ち着き勝負どころへ
直線もバラけた間からジリジリと差を詰めてきますが、弾けるまでには至らず…
前との着差はそれほどありませんが、まだ重賞を勝ち切るまでの力は付ききっていないのかなと。

日曜日

福島3R 3歳未勝利(牝限)ダ1700
サクラセレサ(藤岡康)7着
あまりゲートが良くなく後方から、こちらは行き過ぎることなく中団でなんとか我慢といった形。
勝負どころでは内から楽な感じで進出してきますが、直線ではスペースを見つけられず全力を出せませんでした。
でも初戦でこれだけやれれば上々、ゲート出るようになれば上位争いに顔を出せるはず。


福島10R 滝桜賞(3歳500万)ダ1700
タマモクララ(藤岡康)5着
残念ながら逃げる形は取れず、外目3番手を追走していきました。
途中までは揉まれずスンナリといった形でしたが3角辺りで捲ってきた馬の仕掛けに対応出来ずに砂を被る形
そのままズルズル行くのかと思いきやもうひと頑張り、芯が強くなったなという印象を受けました。
出来れば広いコースで伸び伸びと走らせてあげたい馬なので、京都ダ1800か阪神ダ1800に出てくれば。


阪神11R 桜花賞(G1)芝1600
サンシャイン(M.デムーロ)10着
当日の仕上げも抜群で、これなら不安は枠だけだろうなという感じでレースを待ちました。
発馬もそこそこ決まり、ポジションも絶好の所を取れましたし後は流れに乗って直線を待つだけ
直線に入ると前になかなかスペースが見つかりませんでしたが、空くと一瞬はいい所を見せました。
中~外枠の馬が直線脚を見せた中で内を立ち回りこれだけやれたので悲観する内容ではありません。
体は小さいですが、タイプ的にはオークス向き。次走の巻き返しに期待します。

今週は残念ながら1頭しか勝てませんでした。
いつものことではありますが、みんなに大きなチャンスがあると思っていたので正直残念。
それでも1つ勝てれば次に繋がります、また週末を楽しみにしたいと思います。

特別登録
土曜日福島12R 川俣特別500万下
テーオーゼウス
土曜日中山10R 総武S1600万下
スティルゴールド


日曜日中山11R 皐月賞G1
メイショウカドマツ
日曜日阪神11R 淀屋橋S1600万
エーシンヒットマン

特別登録は以上です。

入退厩のお知らせ

入厩
ロードセイバー

退厩
マコトヴィルッキオ

ほとんど動きナシと言ったところでしょうか。
次走へ向けてじっくり調整されている馬もいるのでお楽しみに。
スポンサーサイト
2012-04-09 : 回顧 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

時計

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。