生まれ変わった! 藤岡健一厩舎の出走馬展望、回顧 入退厩のお知らせ等を更新していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

藤岡健一 先週の回顧+入退厩情報


今週からGoogle+の方で行なっていた藤岡厩舎の記事をこちらに移行することにしました
展望についてはそちらの方で行なっていたので、今回は回顧だけ
今週から展望の方もこちらで書いて行くのでよろしくお願いします。

全国リーディングトレーナーランキング2位

土曜日
中京4R 3歳未勝利(牝限)
マコトヴィルッキオ(松山)6着
初戦ながら細い位の仕上がり。力は出せるだろうなという感じで見ていました。
レースでも悪くない位置取りで直線に入り仕掛けますがなかなか反応せず…
伸びてきたのは坂を登り追えてから、それだけで6着まで来るのだから悪い馬ではないです
メドは立てたとみて次走に期待したい所。

中山10R 韓国馬事会杯(1600万)
スティルゴールド(田中勝)15着
枠的にも半ば諦めムードでしたが、驚きの積極策。目一杯押して先手を取りに行きました。
結果的には直線入り口で手応えをなくしズルズルと後退…、見せ場ナシのレースになりました
馬場が馬場なだけにダメージが残りそうなレースだったのでそこだけが心配です。
条件さえ整えばこのクラスでも十分にやれる馬だと思いますが、今回は明らかに向きませんでした。

阪神11R 若葉ステークス
メイショウカドマツ(武幸)2着
間隔は詰まっていましたがパドックでの気配は目立ち、状態面は問題なさそうでした。
レースでも注文をつけてハナへ、この時点では貰ったと思ったのですが
結構ペースが緩んでしまい、馬自体もあまり反応が良くない感じで少し心配な道中
手を動かしながら直線に入り一旦は開けた内からアドマイヤレイに抜かれてしまうも
そこで目が覚め、差し返し粘りこみを図るところに大外からワールドエース…レベルの違う決め手でした
それでも権利は取れましたし、鞍上も最低限の仕事はしてくれました。後は本番まで順調に進む事を祈ります。


日曜日
中京5R 3歳未勝利
フィリラ(松山)17着
発馬は悪くなく初戦同様先行策を取りました
道中は手応え良く進んでいるように見えましたが、勝負どころでレースが動くとスタミナ不足を露呈
そのまま後退し最下位での入線…今回も敗因は明らか、1800でも長いくらいなのに中京の2200は辛すぎました
距離短縮を待ちたいと思います。

中京11R 中京スポニチ杯(1000万)
ダブルレインボー(藤岡康)10着
控える競馬に徹し始めたこともあり、今回も後方から
縦長の展開でもあり、展開は向くであろうという頭でレースを見守っていました
勝負どころでは集団に取り付き、直線では外に出すも伸びは一息
全くいいところなくレースを終えてしまいました…
結果を見ると力のいる馬場は向かないということでしょう
明らかにデキ上向き相手関係的にもチャンスは大きいと思っていたのですが、適性の壁は超えられませんでした。

中山11R スプリングS
バンザイ(後藤)9着
レースではスタートがそこまで良くなかったこともありますが
鞍上の構えを見るに最初から行くつもりなしという運び。
今までのハナに行く形を大きく崩して後方2.3番手からのレースになりました
直線入り口では大外に持ち出しそのままジリジリ流れこむように入線
止まりはしていなかったようですが、この馬の持ち味は後方からでは活きないということがわかりました
同時に前にさえ行けばハナではなくても競馬が出来そうというのもわかりました。
9着という着順自体について、相手が強いのは最初からわかっていた事なので悲観することはありません。
今後の成長に期待したいです。

こんな感じで毎回展望、回顧していきます
まとまりのない文ではありますが見て下さる方は見守ってください。

そして最後に入退厩情報、これも毎週更新していきます

入厩
一頭目は新しい仲間です。
サクラセレサ(牝3)
父サクラプレジデント母シロガネーゼカフェ
馬名意味は冠名+さくらんぼ(西)
つまりサクラサクランボということです。

他は馬名だけで。

放牧
ネヴァーフェイド
ランブリングローズ

以上になります。

スポンサーサイト
2012-03-20 : 回顧 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

時計

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。