生まれ変わった! 藤岡健一厩舎の出走馬展望、回顧 入退厩のお知らせ等を更新していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

09/04 割とガチで考えたアレ

堅いかもしれないリスト
新潟1R 2歳未勝利
◎05.パスパルトゥルー
「初戦は最後後続から一気にこられた形だったけども内容は良かった
その時の追い切りから注目に値する動きは見せていた、条件変わりも歓迎と見たい」

新潟5R メイクデビュー
◎04.ハードロッカー
「最終追い切りの時計だけ見るといつもの藤沢厩舎という感じで特に強調点がないんだけど
軽く追った伸びに光るモノを感じた、将来含めて楽しみな器と判断して本命を打ちたい。
前評判的にもそこまで人気を集める馬ではないだろうし、自信を持って狙いたい馬」

小倉6R 3歳未勝利
◎08.マルブツファントム
「前走は思いの外行きっぷりがよくて終いまで伸びきれなかったけども良さは見せたレース
攻め時計の感じも悪くないし、元々の実力考えたら未勝利は勝てる馬。他が人気背負う組み合わせなので注目」

札幌8R 3歳以上500万下
◎14.ステラロッサ
「2走前はG1だし前走もオープン特別、重賞好走実績考えてもここでは断然」

札幌9R フィリピントロフィー
◎12.ステキナシャチョウ
「マクられるとという意識が鞍上の中にあるようで常に積極的な競馬をしてくれる
前走はその策に出るも勝ち馬が強すぎた、今回はそこまで驚異になる馬もいないし順当に」

新潟10R 稲妻特別
◎08.キングオブザベスト
「直千レースだとどんな場合でも崩れてない馬。今回は追い切りでも水準以上の時計で動いてるし
この馬のローテを見てもここに狙いを定めてきたという感じ、ちょっと間隔開いた分人気落とすなら美味しい」

札幌12R マカオJCトロフィー
◎04.タイセイワイルド
「前走は沈むだろうという脚色だったにも関わらず最後まで踏ん張り盛り返す脚を見せた
ハナに行った方が力を出せるというのは鞍上と調教師の中で一致している意見のようで
今回も控えたりはせずハナを主張する競馬をしてくれるはず、力は一枚上なのでここで決めたい」

穴リスト

小倉9R 鳥栖特別
穴03.トーセンケイトゥー
「ここ2走は広いコースでのレースで良さを見せれてないけど本来は小回り向きの馬
それ以上に気性の若さというのもあるのだろうけど、新馬戦と東スポ杯の走りから500万にいる馬ではない
今回がちょうど人気落とすポイントだと思うので注目してみたい」

新潟10R 稲妻特別
穴03.カレンナサクラ
「基本一本で走る馬なので最後に変わり身を見出すとしたらこの条件くらいしかない
大庭騎手が乗る時は追い込む策からスピードを活かす競馬になっているし、恐らく今回も人気ないはずなので」

札幌11R 札幌日経オープン
穴14.ゴールデンハインド
「前走後の鞍上のコメントに「周囲に馬がいるよりも行けるならハナに行く競馬の方がいいかもしれませんね」
とあった。陣営も今回行けるようなら行くと話してるしテンが速くないのが難点だけども狙うならこの条件のうちに」

最後に2歳ステークスを。

小倉2歳ステークス
◎07.アイラブリリ
○11.マコトリヴァーサル
▲10.エピセアローム
△02.シゲルスダチ・12.ヴィアデイロス・04.キンシツーストン

前走の内容と追い切りの良さを強調してここはアイラブリリに◎
大物感というのは一切ないんだけど、初戦のあと確かに上向いて前走を楽勝
今回の最終追い切りは小倉のダートで追ってからも確かな良い動き。
気の良い馬なのでこのメンバーなら楽に良い位置から勝ちパターンで競馬を運べる
大物感と素質より現状の仕上がり、完成度を重視して◎!

対抗には新馬戦を楽勝したマコトリヴァーサル
素質的にはこの中でトップだとは思うけど条件的にはベストという感じもしない
地力だけでなんとかなる可能性も考慮しての対抗

▲には2戦目の前走を馬なりで楽勝したエピセアローム
この馬もこの条件ベストという感じはしないけども上と同じく能力を評価した形
相手がそこまで強くなくともそれなりに速い流れになるのは間違いない。
そこで対応出来るかどうかというのが距離短縮組のこの馬に対する課題。

新潟2歳ステークス
◎07.ラフレーズカフェ
○11.ジャスタウェイ
▲02.ニコールバローズ
△01.ダローネガ・09.フィロパトール

本命は将来性を見込んでラフレーズカフェ
正直な話現状では気性の若さも感じるし馬体もまだまだ完成途上
初戦も牝馬限定の弱い相手を軽くひねっただけでこの辺りから強調する材料はない
ただレースや攻め馬で見せるフットワークからは能力を感じる
まだまだ甘い面や不安な面があってもここでは通用するだろうという判断。

対抗は初戦圧勝したジャスタウェイ
坂路追い切りを見てもまだ荒削りで雑な面が多いんだけども
自然と伸びていくのは能力の証、それゆえ新潟という条件も良さそう
初戦でしっかりとした走りを見せた上で追い切りも評価したい内容
確実性を求めるならラフレーズカフェよりジャスタウェイだろう。

▲は相変わらず坂路で芯が入ってる動きを見せているニコールバローズ
初戦はチグハグな内容でも最後まで伸び切ったところに追い切りでも見せる良さを感じた
競り合いになった際の一伸びがありそうな馬、人気しないなら尚更面白い」
スポンサーサイト
2011-09-03 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

時計

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。